Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本語対応レッドチームサービスを開始 - クラウドストライク

クラウドストライクは、日本語による攻撃演習サービス「レッドチームサービス」の提供を開始した。

同サービスは、実施時点における最新のサイバー攻撃を擬似体験し、攻撃による影響の評価や対応の訓練などに活用できる演習サービス。

「Active Directory」に対して疑似攻撃を行う「レッドチーム演習」をはじめ、疑似攻撃にくわえて同社ブルーチームも参加し、防御側の立場からセキュリティ状況を確できる「レッドチーム/ブルーチーム演習」を提供する。

さらに攻撃対象を「Active Directory」以外にも広げ、ソーシャルエンジニアリングなども含めて内部へ侵入を試みる上位サービス「同Advanced」も用意している。

(Security NEXT - 2022/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし
ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
都立高から消えた「生徒個人カード」、一部を河川敷で発見
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社