Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か

ネットワーク機器に感染するモジュラー型のマルウェア「VPNFilter」が明らかになった。感染した機器は、少なくとも54カ国50万台にのぼると見られている。

同マルウェアを分析したCisco Systemsによると、同マルウェアは、モジュール化されたフレームワークにより、複数のステージを持つ拡張性を備えた高度なマルウェア。

同社では、政府や法執行機関、パートナーと情報を共有しつつ調査を進めていたが、全貌は明らかとなっていないものの広く影響を及ぼしていることから、一部情報を明らかにした。

LinksysやMikroTik、NETGEAR、TP-Linkのネットワーク機器や、QNAPのNASなどを対象に攻撃が展開されており、感染機器は、同社やパートナーの調査から少なくとも54カ国において50万台にのぼると見られている。感染原因など詳細は不明だが、影響を受けた機器には、いずれも既知の脆弱性が存在したという。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米連邦政府機関に「SolarWinds Orion」製品の遮断命令
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
「Docker API」狙う攻撃に注意 - 9月ごろより増加
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる
標的型メール攻撃で感染する「Konni」に警戒呼びかけ - 米政府
米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も