Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か

ネットワーク機器に感染するモジュラー型のマルウェア「VPNFilter」が明らかになった。感染した機器は、少なくとも54カ国50万台にのぼると見られている。

同マルウェアを分析したCisco Systemsによると、同マルウェアは、モジュール化されたフレームワークにより、複数のステージを持つ拡張性を備えた高度なマルウェア。

同社では、政府や法執行機関、パートナーと情報を共有しつつ調査を進めていたが、全貌は明らかとなっていないものの広く影響を及ぼしていることから、一部情報を明らかにした。

LinksysやMikroTik、NETGEAR、TP-Linkのネットワーク機器や、QNAPのNASなどを対象に攻撃が展開されており、感染機器は、同社やパートナーの調査から少なくとも54カ国において50万台にのぼると見られている。感染原因など詳細は不明だが、影響を受けた機器には、いずれも既知の脆弱性が存在したという。

(Security NEXT - 2018/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

欧米捜査機関、高級車乗り回すランサム関係者2人を逮捕 - 暗号資産も凍結
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
欧州で拡散するAndroid狙うマルウェア「FluBot」 - 荷物追跡アプリ偽装
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール