Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起

Cisco Systems製スイッチの設定ツール「Cisco Smart Install Client」を探索するアクセスが増加しているとして、利用者に対して警察庁が注意を呼びかけている。

同製品で利用するTCP 4786番ポートに対する探索行為の増加を、同庁の観測システムで確認したもの。

特に3月末以降、同製品で明らかとなったプロトコルの誤用を用いて、外部TFTPサーバへコンフィグファイルをコピーしようとするコマンドが送信されているという。

同製品においては、スイッチの設定や、IOSイメージの管理を行うプロトコル「Cisco Smart Install」の誤用が判明。複数国において、国レベルの攻撃に悪用されたとの指摘が出ている。

20180522_np_001.jpg
TCP 4786番ポートに対するアクセス推移(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2018/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件