Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も

一方、「データの利用に関する契約ガイドライン産業保安版」では、センサーにより収集するデータに関しては、情報漏洩や想定しないデータ利用によるノウハウの流出などリスクが存在するとしてガイドラインを用意。

策定にあたっては、「データに関する取引の推進を目的とした契約ガイドライン」「データ利用権限に関するガイドラインVer.1.0」を参考にしており、各条項の解説のほか、データの権利帰属についての基本的な考え方なども整理した。あわせてモデル契約書も用意している。

20180501_me_002.jpg
「データの利用に関する契約ガイドライン産業保安版」」の目次

(Security NEXT - 2018/05/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連
制御システムのインシデント事例を解説した資料 - IPA
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
プラント関係者狙う執拗な攻撃が継続中 - 一定知識で自然な文面
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス