Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年3Qの標的型攻撃メールは113件 - 9割はプラント関連

2019年第3四半期にサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)が把握した「標的型攻撃メール」は113件だった。9割にあたる105件がプラント関連事業者を狙ったものだという。

情報処理推進機構(IPA)が、同四半期におけるJ-CSIPの運用状況を取りまとめたもの。J-CSIPは、サイバー攻撃の被害防止を目的に組織間で情報を共有する取り組み。2011年10月に発足した。現在は13の業界グループと249組織、および水道業界9組織、医療業界4団体で連携している。

同四半期に参加組織から寄せられた不審メールの情報提供は235件。前四半期の424件を189件下回った。このうち「標的型攻撃メール」と判断したものは113件。その9割に相当する105件が、プラント関連事業者を狙ったものだった。IPAが独自に入手した16件を含む75件について参加組織と情報共有を行っている。

プラント関連への攻撃メールは、設備や部品のサプライヤーに対し、実在すると思われる開発プロジェクト名や事業者名を詐称。プラントに使用する資材の提案や見積もりを依頼する内容など、短期間で多岐にわたる文面のバリエーションを確認している。

(Security NEXT - 2019/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート