Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携

経済産業省と情報処理推進機構(IPA)は、米国およびEUと連携し、産業制御システムのセキュリティ向上や各国の連携強化に向けて、「インド太平洋地域向け日米EU産業制御システムサイバーセキュリティウィーク」を10月に開催した。

セキュリティはサプライチェーン全体で確保する必要があることから、インド太平洋地域における産業制御システムのセキュリティ向上を目的に、2018年より実施しているもの。プログラムを通じてインド太平洋地域と日米欧の関係強化を図る狙いもある。

4回目となる今回は10月25日から29日にかけてオンラインで実施。今回はじめてEUが主催者に加わり、重要インフラ事業者や政府のCSIRTでOTやIT分野に携わる担当者や、政府機関における政策担当者が参加した。

遠隔より模擬プラントを不正操作するハンズオン演習やリスクアセスメント、人材開発などセキュリティ関連のワークショップを開催。電力、プロセスオートメーション、政策および標準化、サプライチェーンリスクマネジメントについてのセミナーなども提供し、知見の共有を図った。

(Security NEXT - 2021/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
「情報セキュリティ10大脅威 2023」 - 組織は「ランサム」が引き続き首位
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
年末年始に向けてセキュリティ体制のチェックを
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
経産省、工場向けのセキュリティガイドラインを策定
下請へのセキュ要請、問題なし - ただし優越的地位の濫用となるケースも
「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver3.0」の意見募集が開始に