Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業

損害保険ジャパンと日立ソリューションズは、制御システムをはじめとするIoTのセキュリティ分野で協業すると発表した。

両社は、協業を通じてIoT機器におけるセキュリティリスクの評価を行い、リスクに応じた保険料となる保険サービスの開発を進める。新サービスについては2021年1月より販売を開始したい考え。

手はじめにプラントなどの施設におけるIoT機器の通信データをもとにしたセキュリティリスク診断の概念実証にあたり、6月26日から2020年12月末まで製造業、サービス業、医療機器の分野から10社の協力企業を募集。収集データを元にサービスの開発を進める。

協力企業に対しては、日立ソリューションズが無償でセキュリティリスクの診断レポートを提供するという。

(Security NEXT - 2020/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
中小企業向け「サイバーセキュリティお助け隊サービス」に新サイト
「LIQUID eKYC」、「収入証明書」や「健康診断書」の撮影に対応
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給