Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年2Qの「標的型攻撃メール」は87件 - いずれも「BEC」

情報処理推進機構(IPA)は、2020年第2四半期にサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)の参加組織から寄せられた不審メールの情報について取りまとめた。

J-CSIPは、サイバー攻撃の被害拡大防止のため、情報共有と早期対応の場として、2011年10月に発足。現在は13の業界グループと259組織、および水道業界9組織、医療業界4団体で連携している。

同四半期に参加組織から寄せられた「不審メール」の情報提供は325件。前四半期の602件を277件下回った。このうち「標的型攻撃メール」と判断したものは87件。同機構が独自に入手した38件を含む55件について、参加組織と情報共有を行っている。

同四半期は、「標的型攻撃メール」とみなした情報はいずれも「ビジネスメール詐欺(BEC)」で、従来観測されてきたプラント関係者を装う標的型攻撃などは観測されなかった。

参加組織によるBEC関連の情報提供は69件。66件と大半が経営者になりすます手口で、約2割で日本語が用いられていたという。3件については取引先へなりすます攻撃だった。また参加組織外からも8件のBECに関する情報が寄せられている。

(Security NEXT - 2020/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知