Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ

デジタルアーツは、ウェブセキュリティ対策製品「i-FILTER」と、メールセキュリティ対策製品「m-FILTER」をクラウドサービスとして5月9日より提供開始する。

今回あらたにサービスを展開する「DigitalArts@Cloud」は、同社が従来オンプレミスとして提供してきたウェブやメール向けフィルタリング製品をクラウド経由で提供するもの。

クラウド版では、あらたに統合レポート画面を用意しているほか、ログを統合して分析し、アクセス履歴などの詳細をレポートとして取得することが可能。ポリシーなどの設定を行える統合簡易設定画面も備えている。

料金は、「i-FILTER@Cloud」「m-FILTER@Cloud」のいずれも500ライセンス導入の場合、1ユーザーあたり年額9072円から。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
インシデント対応学ぶ演習サービス - クラウドに模擬環境
クラウドのリスク可視化やセキュ対策支援のコンサルサービス
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス