Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も

ルータのDNS設定を何らかの方法で書き換え、誘導先より悪意あるAndroidアプリをダウンロードさせる攻撃が発生している問題で、Googleのアカウント情報にくわえ、2要素認証の確認コードをだまし取る機能がアプリに盛り込まれていることがわかった。

カスペルスキーが調査結果を明らかにしたもの。攻撃者は、「Facebook」や「Chrome」など、正規アプリに不正なコードを追加するリパックを行ったアプリを配布していることがわかっているが、アプリが備えるあらたな機能が確認された。

これまでもGoogleアカウントのIDやパスワードのほか、氏名や生年月日、SMSを読み取られるおそれがあることが判明しているが、Googleアカウントにおける2要素認証の確認コードを詐取する機能を備えていることが判明したという。

さらにアプリ内には、中国の正規サイトにおけるURLがコード内に存在。同サイト内におけるユーザー公開情報をもとに、実際の通信先IPアドレスとポート番号を生成。外部と通信していることが明らかになった。

(Security NEXT - 2018/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減