Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装

何らかの手法を用いてルータのDNS設定を勝手に変更し、攻撃者が用意したサイトに誘導して情報を盗むAndroidアプリをインストールさせる攻撃が確認されているが、攻撃手法を徐々に変化させつつも、引き続き発生している模様だ。

20180402_tm_001.jpg
不正サイトで表示されるメッセージ(画像:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロでは、当初発見された誘導先サイトの停止を確認していたが、その後、あらたにダウンロードサイトが用意されていることを観測したという。

今回確認された誘導先では、メッセージの内容を変更。従来は「Facebook拡張ツールバッグ」のダウンロードに見せかけていたが、あらたなサイトでは、「Chrome」のアップデートを偽装していた。

ダウンロードさせられるAPKファイル名も「facebook.apk」から「chrome.apk」に変更されており、正規アプリをリパックしたものだったという。インストールすると、SMSなどの情報へアクセスし、情報を盗み出す機能を備えていると見られる。

(Security NEXT - 2018/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」に複数の脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「PowerDNS Recursor 4.1.9」がリリース - 脆弱性2件を修正
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
「Samba」に複数の脆弱性、パッチの適用を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
金属加工用制御機器にマルウェア、2年間潜伏 - 開発時に感染か
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象