Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も

カスペルスキーによれば、一連の攻撃について、アプリの状況や通信先などから、韓国を狙っている可能性が高いという。

ひとつは、同国のモバイルバンキングアプリやゲームアプリのIDが見つかっている点。さらに今回あらたに確認された「2段階認証」における「確認コード」を求める際のメッセージでは、英語環境や日本語環境であっても、メッセージを韓国語で表示していた。

一方アプリのダウンロード状況を見ても、同社のクラウド基盤では、150超のユーザーによって6000件以上のダウンロードが行われていたが、国別に見ると韓国が最多だった。

くわえてアプリのアクセス先となるコマンド&コントロールサーバを同社が解析したところ、1日あたり3000を超える通信を検知したが、そのうち98%を韓国が占めていた。

20180417_ks_002.jpg
不正アプリ感染国のヒートマップ(図:カスペルスキー)

(Security NEXT - 2018/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
エレコムの旧複数製品に脆弱性 - サポート終了製品の利用中止を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正