Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を

業務によっては、休暇中に自宅や出先で作業するため、端末やデータを持ち出す場合がある。

紛失や盗難などに備え、個人情報や機密情報の暗号化といった対策にくわえ、ランサムウェアの感染によるデータ破壊といった被害も想定しておかなければならない。

外部から社内へリモートアクセスを行う場合も、IDやパスワードの管理に注意が必要だ。

新入社員が入ったり、異動で担当が変わるなど、年度替わりからまもない時期でもある。あらためて組織における情報の取り扱いルールを確認し、徹底しておく必要があるだろう。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント件数、前四半期から1割増 - 「マルウェアサイト」は3.4倍に
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
DX担当者の3割が過去にインシデントを経験 - トレンド調査
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
初期侵入「総当たり攻撃」と「脆弱性攻撃」で6割超 - カスペ調査
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
CSIRT関係者がオンラインで集結、「NCA Annual Conference 2021」が12月に開催
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査