Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MUFGカード」をかたるフィッシング - 15種類の異なるトップレベルドメインで偽サイトを配信

「MUFG」カードの利用者を狙ったフィッシングメールが確認されたとして、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20180326_ap_001.jpg

今回の攻撃では、「重要:必ずお読みください」という件名でフィッシングメールを送信。

本文ではウェブサービスに対し第三者によるアクセスを確認したため、IDを暫定的に変更したなどと記載。

リンクより誘導した偽サイトでクレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力させようとしていた。

誘導先として、15種類のURLが確認されているが、「.fun」「.ink」「.kim」「.pro」「.top」「.xyz」「.club」「.info」「.mobi」「.shop」「.site」「.tech」「.wang」「.store」「.online」など、それぞれ異なるトップレベルドメインが悪用されていたという。

同協議会によれば、3月26日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。

同様の文面を利用したフィッシングメールは1月にも確認されており、今後も類似した攻撃が発生するおそれがあるとして、引き続き攻撃への警戒と情報提供を求めている。

(Security NEXT - 2018/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多