Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請

総務省は、都道府県知事と市区町村長に対し、マイナンバー制度の推進に向けた積極的な取り組みを要請する大臣書簡を送付した。

同書簡は、施行から2年あまりが経過したマイナンバー制度の推進に向けて、地方自治体における取り組みを要請するもの。

公的な身分証として利用できるマイナンバーカードをはじめ、マイナンバーを利用して異なる行政機関の間で個人情報のやり取りを行う情報連携や、個人単位で開設できるマイナポータルなど、マイナンバー制度のインフラを最大限に活用するための取り組みを求めている。

また、マイナンバーやマイナンバーカードの悪用に関する不安を払拭することも重要と指摘。マイナンバーカードの偽造防止措置やなりすまし防止対策などにより安全に利用できることを、住民に広く周知するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
釜石市、職員2人を懲戒免職 - 全住民情報を持出、監査の不正操作も
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
事業吸収分割で無関係の口座情報を誤提供 - 新生銀
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県