Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援

EMCジャパンは、企業におけるリスクやコンプライアンス管理などのガバナンスを支援するGRCプラットフォーム「RSA Archer Suite」の新版「同6.3」を2月1日より提供開始する。

同製品は、ITやセキュリティのリスク、コンプライアンス、事業継続、サードパーティ、監査などの管理を可視化し、対応を支援するGRCソリューション。

最新版では、2018年5月に施行されるEU一般データ保護規則(GDPR)においてプライバシー保護のコンプライアンスを遵守するために利用できる2件のユースケースをあらたに追加した。

具体的には、GDPR遵守に向けて統制や個人情報の運用管理体制を支援するユースケース「RSA Archer Data Governance」を提供。関連する情報や処理業務の台帳維持、管理などを支援する。

また影響度評価の実施、監督機関とのコミュニケーション、データ侵害の通知の履歴管理を目的としたユースケース「RSA Archer Privacy Program Management」を用意した。

同製品は「買取」あるいは月額ライセンスによる「年間契約」にて提供する。価格は、2000ユーザーで「買取」の場合、2165万9400円。別途保守費用が必要。

(Security NEXT - 2017/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
セキュリティ面のデューデリサービス開始 - EGセキュア
「NIST SP800-171」準拠の支援サービス - ニュートン
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた