Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DLP製品のログ解析による中小企業向け内部不正監視サービス

NTTアドバンステクノロジは、従業員数300人未満の企業を対象とした「内部不正リスク監視サービス」を提供開始した。

同サービスでは、データ漏洩対策製品(DLP)製品のログをログ統合製品に集約して継続的に監視。ユーザーの疑わしい行動をシナリオ分析することで異常行動につながる可能性のある操作を発見し、報告する。

中小企業でも導入がしやすいよう、環境準備や初期設定、運用サービスを同社が提供。DLP単体では検知できない行動を検知できるとしている。

週ごとに検知パターンや導入時に顧客環境にあわせて設定したパターンに合致したものを通知する定期報告や、DLP製品で設定、想定していない操作ポリシーやログから、一般的に怪しいとされる振る舞いを四半期ごとに監査レポートとして提供する。

(Security NEXT - 2024/05/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消