Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化

サイバートラストは、システム監視ソフト「MIRACLE ZBX」の新版を提供開始した。

同製品は、オープンソースの「Zabbix」をベースに、同社が機能強化や修正を行ったエンタープライズ向けのシステム監視ソフト。

新版では米国立標準技術研究所(NIST)のセキュリティガイドライン「NIST SP800-171」および「NIST SP800-53」の要件を踏まえて、セキュリティ面を強化した。

監査ログをsyslogに出力できるようになったほか、パスワードポリシーの設定に対応。ウェブフロントエンドのユーザーに対してパスワードの再利用を制限したり、有効期限を設定できる。

さらに、ユーザーパスワードのハッシュ化におけるパラメーター設定の追加や、設定ファイルに記載するデータベースのパスワードについて暗号化することが可能となっている。

(Security NEXT - 2021/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Bridge」や「Photoshop」など複数Adobe製品に深刻な脆弱性
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
NEC製ルータ「Atermシリーズ」の複数製品に脆弱性
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応