Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内で「Mirai」の感染活動を継続的に観測 - セキュリティ機関が注意喚起

マルウェア「Mirai」亜種による感染活動が、11月ごろより国内において継続的に観測されているとして、関連機関が注意喚起を行っている。

20171219_jp_001.jpg
Mirai亜種によるスキャン(グラフ:JPCERT/CC)

JPCERTコーディネーションセンターによれば、同センターの観測システムにおいて、「Mirai」亜種の感染活動と見られるスキャンが、11月から12月にかけて確認されているもの。

情報通信研究機構(NICT)においても、10月31日ごろよりパケットの増加を観測。感染の拡大には、2014年に明らかとなったRealtekの「SDK」に存在するコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2014-8361」が悪用されていた。脆弱性が攻撃を受けると、Miraiに感染してDDoS攻撃の踏み台として悪用されるおそれがある。

(Security NEXT - 2017/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
CMSの「Plone」にオープンリダイレクトの脆弱性
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化