Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに

神戸デジタル・ラボは、10月14日に開催した医療系ソフトウェアのハッキングコンテストで、46件の脆弱性が発見されたことを明らかにした。

20171018_kd_001.jpg
大会の様子(画像:KDL)

同コンテストは、実際に国内の調剤薬局で利用されている医療系ソフトウェアを対象としたハッキングコンテスト。

2015年から開催されおり、3回目となる今回は8チーム25人が参加。脆弱性46件が発見された。そのうち2件は、患者情報の流出やカルテの改ざん、業務停止など深刻な事態につながるおそれのある危険度の高い脆弱性としている。

同コンテストで優勝したのはチーム「binja」。途中まで別のチームが先行していたが、最後に難易度の高い脆弱性を見つけ、逆転優勝となったという。

(Security NEXT - 2017/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに
「Firefox」「Thunderbird」にアップデート - 深刻な脆弱性を修正
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
セキュリティ啓発の動画コンテスト開催 - トレンド