Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い

「Adobe Flash Player」における未知の脆弱性に対し、ゼロデイ攻撃が行われた問題で、中東の攻撃グループが同脆弱性を悪用していたことがわかった。

同脆弱性をAdobe Systemsへ報告したKaspersky Labによれば、攻撃を悪用していたのは中東で活動していると見られる攻撃グループ「BlackOasis」。同社顧客に対する攻撃を10月10日に検知した。

当時未知の脆弱性だった「CVE-2017-11292」を攻撃する「ActiveXオブジェクト」を埋め込んだWordファイルをメールで送りつけ、「FinSpy」「WingBird」などの別名でも知られるスパイウェア「FinFisher」へ感染させようとしていた。

同社では、1件の攻撃しか観測しておらず、攻撃対象を絞り込んだ攻撃に悪用されたものと分析。今回確認された「FinFisher」の亜種は、カスタムのパッカーを用いられており、仮想マシンのコード実行による解析などを防ぐための技術が多く用いられていた。

(Security NEXT - 2017/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も