Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システム利用事業者向けにリスク分析ガイド - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、制御システムを利用する事業者向けにセキュリティリスクを分析するためのガイドを作成、公開した。ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

重要インフラなどをはじめ、制御システムを利用する事業者において、セキュリティ面におけるリスク分析が、十分に実施されておらず、手順を把握できていない事業者もいることから、同ガイドを策定した。

同ガイドでは、リスク分析のノウハウを収録。全体像を把握して実施するための具体的な手順などを示したほか、資産や被害などをベースとした分析シートを提供している。

また特定のセキュリティ対策におけるチェックシートを用意したほか、リスク分析の実施例を別冊として用意している。ダウンロードは、同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
不正アクセス被害のランドブレイン、調査結果を公表 - ランサムウェアは「Cring」
制御システムのリスク分析を解説するセミナー - IPA
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性