Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か

具体的には、アクティブな「Bluetooth」による接続を発見した場合、MACアドレスを取得、端末のOSを特定した上で脆弱性に対する攻撃が可能。

20170913_bb_002.jpg
影響を受けるシステム(表:JVN)

Armisでは、「Bluetooth」のプロセスは、OSにおいて高い権限を与えられていることから、端末を制御されたり、ボットやランサムウェアをはじめとするマルウェアへの感染、情報の窃取などに悪用されることがあると脆弱性の危険性を指摘している。

同脆弱性の判明を受けて、マイクロソフトでは、9月の月例セキュリティ更新で「Bluetooth Pineapple」と名付けられた「Windows」におけるMITMの脆弱性「CVE-2017-8628」を修正した。

「Android」では、リモートよりコードの実行が可能となる「CVE-2017-0781」「CVE-2017-0782」や、MITM攻撃のおそれがある「CVE-2017-0783」、情報漏洩の脆弱性「CVE-2017-0785」など、4件の脆弱性が影響。Googleでは、9月4日に公開したセキュリティ更新プログラムで対処した。

(Security NEXT - 2017/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
Zohoのアクセス関連製品に複数のSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正