Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か

主要OSなどにおいて「Bluetooth」の実装に脆弱性が存在し、電波が届く範囲から攻撃が可能であることが判明した。攻撃手法は「BlueBorne」と名付けられており、壊滅的な影響を与えることが可能だという。

20170913_bb_001.jpg
Armisによる「BlueBorne」のロゴ

今回、同問題を公表したArmisによれば、「Windows」や「Android」「Linux」「iOS」をはじめ、多くのOSや機器に脆弱性が存在。深刻な脆弱性4件を含む「Bluetoooth」に関連するゼロデイ脆弱性あわせて8件を確認した。

同社は、約53億台のデバイスが脆弱性の影響を受ける可能性があるとしている。

端末において「Bluetooth」を有効にしている場合、ペアリングなど必要なく、電波が届く範囲から直接接続が可能。脆弱性を悪用することで、コードの実行やマンインザミドル(MITM)攻撃が行えるという。

感染端末を通じて付近の端末へ攻撃を水平展開し、マルウェアの感染を拡大するといった攻撃が可能であるとし、実際に「Windows」や「Android」「Linux」の制御を奪うデモ動画なども公開している。

(Security NEXT - 2017/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ