Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を

また休暇期間中に攻撃を受けた場合に備え、使用しないアプリケーションやサービス、機器については停止したり、データをバックアップすることなど、リスクを低減しておくことも重要。

従業員に対しては、個人情報や機密情報の持ち出しルールをあらためて周知。許可する場合も紛失や盗難に備え、データの暗号化など対策を講じておく。

またパソコンやUSBメモリなどは、情報を窃取するマルウェアだけでなく、データが使用できなくなるランサムウェアなどへの感染にも注意を払わなければならない。

休暇中に不測の事態が発生した場合に備え、緊急連絡体制やインシデント対応手順が機能するか確認し、関係者で共有しておく。

(Security NEXT - 2017/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
2020年のMS月例パッチ公開予定日は? - 要注意は8月
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市