Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデントと向き合うSOC、快適な労働環境作りに注力するベンダー

サイバー攻撃と闘う「ホワイトハッカー」を象徴するわかりやすいイメージかもしれないが、ここ数年で構築が進むSOCとは少々ギャップが生じている。

インシデントと向き合うセキュリティ監視は、責任もともなうタフな業務だ。ストレスフルな環境に置かれる監視員が、いかにミスをせず、効率的に業務をこなすことができるか、働きやすい環境作りが重要となる。

暗い部屋で明るいディスプレイと長時間向き合えば、眼精疲労にも繋がる可能性がある。働き方改革という観点からも、合理的な作業環境が求められていると言っていいだろう。

作業効率に配慮したSOCといえば、2016年5月にデロイトトーマツリスクサービス(DTRS)が新規拠点として横浜市に開設した「サイバーインテリジェンスセンター(CIC)」もそのひとつだ。

白を基調に同社のイメージカラーであるグリーンをアクセントに使ったさわやかな色使いのオフィス。チーム間でコミュニケーションを取りやすいようオリジナルデスクを配置するなどユーザビリティを重視している。

(Security NEXT - 2017/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み