Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデントと向き合うSOC、快適な労働環境作りに注力するベンダー

企業に代わりセキュリティ機器などの監視を行う「マネージドセキュリティサービス(MSS)」。インシデントの監視は、セキュリティベンダーが設置する「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」で行われるが、こうしたSOCにあたらしい波が押し寄せている。

経営層におけるセキュリティ意識の高まりや脅威の巧妙化を背景に「MSS」への注目が高まるが、需要に応えるセキュリティベンダーにおいて、SOCをあらたに設置したり、従来のSOCを再構築する動きが活発化している。

ところで、世界中の脅威や組織のインシデント情報が集約され、それらの監視を行う「SOC」について、どのようなイメージを持っているだろうか。

放射状に配置されたデスクにやや暗い照明。攻撃情報を共有するディスプレイが浮かび上がり、最新情報や攻撃の様子を可視化した映像をチェックするセキュリティ専門家……。ひと昔前の映像作品に出てくるような正義の味方の「秘密基地」を想起する人もいるのではないだろうか。

(Security NEXT - 2017/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み