Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」に複数の脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ

コンテンツマネジメントシステム(CMS)の「Drupal」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートがリリースされている。

開発チームによれば、同システムの「PECL YAMLパーサー」において、PHPオブジェクトの処理に脆弱性「CVE-2017-6920」が存在するという。同脆弱性を悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがあり、重要度は5段階中2番目にあたる「クリティカル(Critical)」にレーティングされている。

同脆弱性より重要度は低いものの、第三者によりファイルをアップロードされ、ファイルの配布などに悪用されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-6922」や、「RESTfulウェブサービスモジュール」利用時に影響を受ける「CVE-2017-6921」など、あわせて3件の脆弱性が判明した。

開発チームでは、脆弱性を解消したアップデート「同8.3.4」および「同7.56」をリリース。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
WP向け会員制サイト構築プラグインにSQLi脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
グラフや表を作成のWP向けプラグインに深刻な脆弱性
フォームカスタマイズ用WPプラグインに未修正の脆弱性
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
WP用ユーザー管理プラグインに脆弱性 - サイト管理者権限奪われるおそれ