Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意

期間中だけでなく、休暇明けにも注意が必要だ。業務を開始する前に、セキュリティ更新プログラムが公開されていないか確認し、OSやソフトウェア、セキュリティ対策ソフトなどを最新の状態へアップデートしたり、攻撃を受けた形跡がないか確認する必要がある。持ち出された端末やメディアを経由したマルウェアの侵入にも要注意だ。

さらに休暇中に届いたメールにも気を付けたい。休暇明けは、メールの処理など業務に追われ、添付ファイルや本文中に記載されたURLなどに対する警戒が薄れるおそれもある。多忙な時期を狙った標的型攻撃を想定しておくべきだろう。

また2017年は、各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」が、5月9日に控えていることも意識しておきたい。

(Security NEXT - 2017/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
2020年のMS月例パッチ公開予定日は? - 要注意は8月
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
職員が住民の携帯番号を私的流用、LINEスタンプ送信 - 大阪市