Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動画料金を請求する偽DMMのSMSに注意 - プリカ番号要求詐欺

1度応じてしまうと、「他社でも未払い料金が確認された」「ブラックリストに登録されている」などと要求がさらにエスカレート。被害額が100万円を超えた事例も多数確認されているという。

DMM.comでは有料と無料の動画サービスを提供しているが、有料サービスでは会員登録が必要で、料金は前払いのため、未払い料金が発生することはないとしている。

これまでも同社をかたって金銭を要求する詐欺が発生。同庁では2016年1月にも同様の注意喚起を行っている。しかし被害の拡大が続いていることから、今回再度注意喚起を実施した。

同社以外にも、ヤフーを装うケースなど同様の詐欺が確認されており、架空請求においてプリペイドカード番号を伝えるよう求めるケースが多い。SMSや電話で身に覚えのない要求があった場合は、各地の消費生活センターや警察へ相談するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング対策協議会、「フィッシング対策ガイドライン」を改訂
先週注目された記事(2024年5月26日〜2024年6月1日)
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
無許可の患者情報持ち出し、サポート詐欺被害から発覚 - 近大病院
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
「サポート詐欺」で1000万円の被害 - ネット銀を遠隔操作
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増