Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DMM」装う架空請求 - SMSで法的措置と不安煽り、プリカ番号聞き出し

大手動画サイト「DMM.com」を装い、「有料動画閲覧履歴があり、法的措置を行う」などとするSMSを送り付け、金銭を騙し取る詐欺被害が発生していることがわかった。

20160119_sh_001.jpg
詐欺の流れ(図:消費者庁)

注意喚起を行った消費者庁によれば、問題のSMSは、送信元として大手動画サイト「DMM」の社名を悪用。「有料動画の閲覧履歴があり、登録解除をその日のうちに連絡しないと身辺調査および強制執行の法的措置に移行する」などと不安を煽り、電話をかけさせる手口で、プリペイドカードを購入させ、カードに記載された番号を聞き出していた。

さらに別の人物が登場し、「電子事業協会」とする組織の関係者を名乗り、「ブラックリストに名前が掲載されている」などとし、削除料金としてさらに金銭を騙し取っていたケースもあったという。

同庁は、プリペイドカードを購入させ、カード番号などを教えるよう求めるのは詐欺の手口であると指摘。DMM.comやグループ会社とは関係なく、発信者が「DMM」となっていても電話をかけないよう求めている。

こうした架空請求で悪用されているのが、コンビニやスーパーで気軽に購入できる「プリペイドカード」。従来の磁気タイプではなく、サーバ管理型プリペイドカードだ。

架空請求では、これまで金銭の受け渡しに不正に取得した銀行口座や、ゆうパックを使うケースなどがあったが、最近ではこうしたプリペイドカードを悪用するケースが増えている。

サーバ管理型プリペイドカードは、カード上に記載された番号を、インターネットから登録することにより電子マネーを利用できるもので、番号に金銭的な価値が存在。これら番号を相手に伝えると、金銭を送金したことと同様となる。

これまでも友人や知人のフリをして、プリペイドカードを購入させ、カードの写真を送らせて電子マネーを騙し取る詐欺が発生。さらに有料サイトやアダルトサイト利用料などとする架空請求の詐欺でも利用されるようになった。

数千円のプリペイドカードを約70枚、約50万円分買い、番号をファックスで送信してしまったケースや、数百枚にも及ぶプリペイドカードを携帯電話で写真撮影してメールで送信してしまい、約300万円の被害に遭ったケースも確認されており、国民生活センターや全国消費者センターでも注意を呼びかけている

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
国内組織狙うBEC、情報盗んで海外展示会事務局になりすまし - 実被害も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
「日本郵便」偽装サイトへのアクセス、1週間で2500件以上 - 豪郵便公社も被害
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
台車で移動中の年金関係書類が飛散、一部所在不明に - 大河原町
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
【特別企画】「ウェブフィルタリング=入口対策」はあたりまえ、内部からの不審通信対策にも効果がある「あの製品」