Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動画料金請求装う偽ヤフーSMS - プリカ番号要求は「典型的詐欺」

ヤフーを装って携帯電話へメッセージを送りつけ、有料動画の未払料金を支払わなければ訴訟を起こすなどと騙す詐欺が発生している。プリペイドカードの番号を伝えるよう求めるケースは典型的な詐欺であるとして、消費者庁が注意喚起を行った。

同庁によれば、10月以降、「ヤフー」をはじめ、「ヤフー総合窓口」「ヤフー総合受付」などを名乗り、実際には利用していないにもかかわらず有料動画の閲覧履歴があると偽り、登録解除しないと身辺調査や法的措置を行うなど不安を煽って記載にある連絡先へ電話するよう促すSMSが出回っているという。

実際に電話すると、延滞料金など25万円の未払料金があり、すでに裁判の手続きを進めているなどと告げて、金銭の支払いを要求。弁護士が数千円の手数料を引いた金額を返還するなどと、すぐに対応すれば支払が安く済むかのようにだまし、大手通販サイトのプリペイド式ギフトカードで支払うよう指示していたという。

要求に応じても返金されることはなく、別会社の有料動画サイトでも未払料金があるなどとしてさらに要求がエスカレート。担当弁護士を名乗る者から動画サイトの未払料金を要求されるケースもある。

同庁と東京都の合同調査によれば、SMSに記載された電話番号の契約先はいずれも電話回線の転売や転送電話サービスなどの事業者で、発信元がわからないようになっていた。詐欺組織の所在や実体はわかっていない。

ヤフーでは動画配信サービス「GYAO!」を展開しているが、有料サービスを利用する前に同社の決済サービス「Yahoo!ウォレット」へ登録する必要があるほか、料金未納者にSMSで連絡することはないという。

これまでも「DMM.com」を偽装して金銭を要求する同様の詐欺が発生しており、聞き覚えがある業者を名乗っても安易に信用しないよう注意するよう警鐘を鳴らしている。

SMSや電話による身に覚えのない要求があった場合は、要求に応じず各地の消費生活センターや警察に相談するよう求めている。

(Security NEXT - 2016/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報漏洩の補償、「いらない」「5万円以上」と両極端
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験