Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPress脆弱性狙う複数の攻撃キャンペーン - すでに数万件規模の被害か

もっとも改ざんが成功していると見られる攻撃キャンペーンは、攻撃開始から48時間を待たずして、被害に遭ったと見られるページが、Google上のインデックス数で6万6000件に及んでいた。他攻撃キャンペーンでも、それぞれ500ページほどが改ざん被害に遭ったと見られる。

これらは、あくまで攻撃者の名前による検索結果に過ぎず、さらにGoogleへインデックスされていない被害ページもカウントに含まれていないため、正確な被害規模は不明だが、急速に被害が拡大していることはまちがいない。

同社は、これらキャンペーンについて増加傾向にあるものの、数日のうちに収束に向かうと予想。一方で今回の脆弱性を悪用し、サーチエンジンで上位に表示されるページに対し、悪意あるコンテンツを挿入する「SEOスパム」へ悪用する動きがすでに観測されているとしており、警戒を強めている。

あわせて同社は攻撃者が用いたIPアドレスを公開しており、アップデート以前にこれらIPアドレスからアクセスがなかったかログを確認したり、これらIPアドレスからのアクセスをブロックするよう推奨している。

4種類の攻撃キャンペーンで攻撃者が利用していたとされるIPアドレスは以下のとおり。

176.9.36.102
185.116.213.71
134.213.54.163
2a00:1a48:7808:104:9b57:dda6:eb3c:61e1
37.237.192.22
144.217.81.160

(Security NEXT - 2017/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
WP向けファイル管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃も
Facebookの「WordPress」向けプラグインに脆弱性 - チャット乗っ取りのおそれ
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
「WordPress 5.4.2」がリリース - 複数脆弱性を修正
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚