Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

療養費データ12.7万人分のデータが所在不明 - 大阪府国保連

大阪府国民健康保険団体連合会において、後期高齢者医療における9月分の療養費に関するデータが保存された光磁気ディスクを紛失したことがわかった。

同連合会によれば、11月18日に大阪府後期高齢者医療広域連合から受け取った光磁気ディスクを紛失したもの。同ディスクには、9月分の「柔道整復施術療養費」と「はり・きゅう、あん摩・マッサージなど施術療養費」の支払い済み申請書データが保存されていた。あわせて12万7804人分の保険者名、被保険者氏名、被保険者証番号のほか、施術者名や支給金額などが含まれる。

12月1日に10月分のデータを同ディスクに上書きして作成しようとした際、紛失していることが判明した。すでに処理を終えており、請求の支払いに影響はないとしている。

今回の問題を受け、同連合会では外部媒体によるデータの授受を廃止し、専用回線のネットワーク経由によるデータ授受に変更するなど、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2016/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保
個人情報含む廃棄文書が運搬中に飛散、回収 - 京丹後市
コロナ療養者の保険証画像を迷惑メール発信者に誤送信 - 広島県
昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ
マイナンバーカードの交付関連書類が所在不明 - 横浜市
30支店で本人確認書類の管理不備が判明 - 愛媛銀
国民健康保険税還付者の口座情報をサイトに誤掲載 - 日向市
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
被保険者情報を無関係の自治体へ誤送信 - 北海道国民健康保険団体連合会