Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 10.1.1」が公開 - セキュリティ修正は前版同様だがあらためて注意を

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 10.1.1」を公開した。セキュリティ面で「iOS 10.1」から大きな変更は加えられていないが、同版では深刻な脆弱性が修正されており、セキュリティ機関があらためて注意を呼びかけている。

20161101_ap_001.jpg
Appleが公開した「iOS 10.1.1」

「iOS 10.1.1」は、ヘルスケアデータが閲覧できない問題などへ対応したアップデート。

同社では「iOS 10.1」を10月25日にリリースしているが、セキュリティに関する修正は同バージョンに含まれるものと同様だという。

「iOS 10.1」では、あわせて12件の脆弱性が解消された。このなかには、リモートより攻撃が可能となる脆弱性も複数含まれており、あらためてセキュリティ機関が注意を喚起している。

なかでも「iOS 10.1」の修正で、危険性が指摘されているのは、画像処理を行う「CoreGraphics」に起因する脆弱性「CVE-2016-4673」。細工したJPEGファイルを開くとメモリが破損し、任意のコードを実行されるおそれがある。

同脆弱性について英Sophosは、理論的には画像をファイルを開いたり、悪意あるMMSを開くだけで端末を乗っ取られる可能性があると説明。Androidにおいて2015年に確認され、MMS経由で攻撃が可能となるとして注目を集めた脆弱性「Stagefright」を想起させると指摘している。

(Security NEXT - 2016/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper