Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidに深刻な脆弱性、MMSで攻撃受けるおそれ

Andoridにおいてメディア再生に用いられる「Stagefrightエンジン」に複数の脆弱性が存在し、悪用されるとリモートよりコードを実行される可能性があることがわかった。

詳細は判明していないが、少なくとも7件の脆弱性が存在。ファイル処理においてバッファオーバーフローが生じるもので、「同2.2」以降が影響を受け、悪用された場合、情報漏洩のほか、システムの制御を奪われる可能性もあるという。

セキュリティ機関では、攻撃例のひとつとして不正なMMS(マルチメディアメッセージングサービス)を送り付けるケースを挙げているが、これ以外の攻撃も可能であると指摘している。

Googleでは、脆弱性を修正した「同5.1.1_r5」を公開しているが、キャリア経由でアップデートを配布するケースが少なくないため、注意が必要となる。また緩和策として、送信されるMMSの自動受信を停止することなどを挙げている。

今回明らかになった脆弱性は以下のとおり。

CVE-2015-1538
CVE-2015-1539
CVE-2015-3824
CVE-2015-3826
CVE-2015-3827
CVE-2015-3828
CVE-2015-3829

(Security NEXT - 2015/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず