Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表

マカフィーは、「マカフィー リブセーフ」など、2017年版のコンシューマー向けセキュリティ対策製品を10月14日より販売開始する。

同製品は、パソコンやスマートデバイスに対応したコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。

Windows版では、あらたなマルウェア対策エンジンを搭載。機械学習を行うクラウドベースのヒューリスティックエンジンを利用できるほか、顔認識や指紋などに対応し、他パスワード管理ソフトからのインポート機能を追加したパスワード管理機能「True Key」を提供する。

「マカフィー アンチウイルス」を除いて、対象ユーザーであれば台数に関係なくインストールでき、WindowsからMac、スマートフォン、タブレットなどマルチデバイスを保護できる。

価格は、マルウェア対策やファイアウォール、迷惑メール対策、True Keyなど、ファイル暗号化以外の機能を利用でき、クラウドストレージが付属するスイート製品「マカフィー リブセーフ」の場合、1ユーザー1年版が8208円。

そのほか、「マカフィー インターネットセキュリティ」や「マカフィー トータル プロテクション」、マルウェア対策に特化した「マカフィー アンチウイルス プラス」をラインアップとして用意。また「マカフィー リブセーフ」はプリペイドカード方式のPOSAカード版も提供する。

20160914_mf_001.jpg
各製品の搭載機能(表:マカフィー)

(Security NEXT - 2016/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ノートン360」の上位製品に個人情報流出の通知機能
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施