Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、ウェブ不正利用者の検知ソリューション - 「PWリスト攻撃」にも対応

NRIセキュアテクノロジーズは、ウェブサービスにおける利用者のなりすましや、不正取引を検知するソリューション「Uni-ID Identity Fraud Detection」を提供開始した。

同ソリューションは、ウェブサービスにおけるなりすましや不正な取引などを検知するセキュリティソリューション。ログイン時とログイン後の振る舞いを分析し、スコア判定を実施。窃取されたアカウント情報を使ったなりすましや不正取引を検知する。「パスワードリスト攻撃」にも対応するという。

同社では、同サービスとあわせてルールのアップデートサービスを用意。2016年度中に数社への導入を見込んでいる。また導入前の企業を対象に、過去のログデータを分析することで効果を判断できるPoCサービス(150万円から)も用意している。

(Security NEXT - 2016/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
スマホ決済「支払秘書」でなりすましによる不正チャージ
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設