Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Drupal」モジュールの脆弱性を探索するアクセスを確認

コンテンツマネジメントシステム(CMS) である「Drupal」のモジュールに見つかった脆弱性を探査するアクセスが発生している。

警察庁が、同庁のインターネット定点観測システムにおいて、「Drupal」のモジュールである「RESTWS」の脆弱性を探索するアクセスを確認したもの。

同モジュールに関しては、7月13日に特別に細工したリクエストを送信することで任意のPHPコードを実行される脆弱性が公表されたが、その後7月21日に同脆弱性を探索していると見られるアクセスを確認した。

今回確認されたアクセスは、直接コードを実行するものではなく、脆弱性の有無を確認している行為だが、同庁では、修正バージョンへアップデートするよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
WP向け会員制サイト構築プラグインにSQLi脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
グラフや表を作成のWP向けプラグインに深刻な脆弱性
フォームカスタマイズ用WPプラグインに未修正の脆弱性
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
WP用ユーザー管理プラグインに脆弱性 - サイト管理者権限奪われるおそれ