Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Kaspersky、総額5万ドルの脆弱性報奨金プログラムをスタート

Kaspersky Labは、脆弱性の発見者に対して報奨金を支払う「Kaspersky Bug Bounty Program」を開始した。

HackerOneで展開するもので、第1フェーズは8月3日から6カ月間実施する予定。報奨金の総額は5万ドルだという。コンシューマー向け製品「Kaspersky Internet Security」と法人向けエンドポイントセキュリティ製品「Kaspersky Endpoint Security」が対象となる。

同社は、脆弱性報奨金プログラムについて、「企業にとって効果的で実証済みの方策」と指摘。同プログラムを通じて脆弱性への対応を強化するほか、外部のセキュリティリサーチャーとの連携を強化したい考え。

(Security NEXT - 2016/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Aruba製「AOS-CXスイッチシリーズ」に複数の脆弱性
開発プラットフォーム「GitLab」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
EC-CUBEが新版公開に向けてバグバウンティを開催中 - 脆弱性診断にはないメリットも
監査ログ分析管理ツール「ADAudit Plus」、深刻な脆弱性の詳細が明らかに
Skyが脆弱性報奨金制度 - CVSS基本値から金額算出、RCEで最大150万円を加算
LINEのストーリー機能に情報漏洩の脆弱性 - 緊急対応で発生
「Azure Cosmos DB」に深刻な脆弱性 - 利用者はリスク軽減を
「Exchange」の脆弱性「ProxyShell」に要警戒 - 悪用発生で米政府が注意喚起
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで