Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「No More Ransom」キャンペーン、専用サイトで復号ツールを提供

欧州刑事警察機構(ユーロポール)、オランダ警察、Intel Security、Kaspersky Labは、ランサムウェアに対抗する官民連携プロジェクト「No More Ransom」を開始した。

20160801_nm_001.jpg
キャンペーンサイト「No More Ransom」。残念ながら日本語による提供は行われていない

EUの法執行機関にとって、ランサムウェアを「最大の脅威」であるとし、法執行機関やセキュリティベンダーの協力により、官民連携プロジェクトを開始したもの。同プロジェクトでは、専用のキャンペーンサイトを提供し、ランサムウェアの定義や手口、データを感染から守る方法などを紹介、啓発活動を展開する。

またランサムウェア「Shade」の16万以上の復号キーを含むツールをはじめ、ランサムウェアの被害者向けに復号ツールを提供。「Shade」向けの復号ツールは、押収した「Shade」のコマンド&コントロールサーバをもとに、Kaspersky LabとIntel Securityが開発したという。

今回、対策ツールの提供を行っているが、すべてのランサムウェアに対し、有効な復号ツールが提供されているわけではないとして、引き続きランサムウェアへ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知