Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMSサイトで改ざん多発、解析サイト風の悪質コードに注意 - EK誘導でランサム配布

同社によれば、6月以降、コンスタントに感染サイトが確認されていたが、7月3日を境に急増。ピーク時には2日間で約2000件の改ざんサイトを確認したという。

これはあくまで同社が把握した数字で氷山の一角に過ぎず、実際には少なくともこの5倍以上のサイトが被害に遭っているとの見方を示し、こうした改ざんサイトがランサムウェアの拡散に利用されていると指摘している。

被害に遭っていたウェブサイトの傾向を見ると、74%が「Joomla!」、13%が「WordPress」を利用。特に「Joomla!」の旧版は、被害が発生したサイトの56%を占めるなど突出していた。

全体の60%が旧版のこれらCMSを利用するサイトの被害だが、一方で最新版を利用しているサイトも27%にのぼっており、同社はCMS本体のコア部分ではなく、アップデートが行われていないプラグインや拡張機能などの脆弱性が狙われていると見ている。

同社は、ウェブサイトの運営者に対して、追加されているコードを見つけた場合は、安全性を調べる前に、まずは運営者自身で挿入したものであるか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年
北九州市の買い物支援サイトが改ざん - 児童ポルノにリンク
茨城県産業技術イノベーションセンターでサイト改ざん - 不審な英文
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
サーバに不正アクセス、業務に支障なし - 日本ケミコン
古着通販サイトに不正アクセス - 警察からの連絡契機に改ざん発見
サイト改ざんでクレカ情報流出の可能性 - スケートボード専門店
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性