Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CMSサイトで改ざん多発、解析サイト風の悪質コードに注意 - EK誘導でランサム配布

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Joomla!」や「WordPress」において、解析サイトを装った悪質なスクリプトが挿入される改ざん被害が発生している。ランサムウェアの拡散に悪用されているという。

Sucuriによれば、外部サイトを読み込む「JavaScript」を埋め込まれる攻撃キャンペーンが、6月9日より展開されているもの。同社は誘導先サイトのドメインから、一連の攻撃を「Realstatisticsマルウェアキャンペーン」と名付けている。

埋め込まれるコードは、そのドメイン名や「analytics.php」といったファイル名、スタイルから、一見アクセス解析サービスなどを利用する際に埋め込むスクリプトのように見えるが、実際はエクスプロイトキットの「Neutrino」へリダイレクト。脆弱性に対する攻撃でランサムウェア「CryptXXX」へ感染させていた。

またサイト運営者がスクリプトを見つけた際に被害へ気が付かないよう、JavaScriptに記載されたドメインへアクセスすると、解析サービスが実在すると思い込ませるよう、ほかの解析サイトからデザインを盗用した偽サイトを用意していた。

(Security NEXT - 2016/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

資格検定申込サイトへSQLi攻撃 - メアド流出の可能性
農研機構の運営サイトが改ざん - トップページに無関係のイラスト
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響