Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年1Qにフィッシング攻撃が大幅増加、過去最悪に

2016年第1四半期に観測されたフィッシング攻撃は、前四半期から66%増と急拡大し、過去最悪を記録した。

20160616_rs_001.jpg
フィッシングの推移(グラフ:EMCジャパン)

RSAのAFCCが、2016年第1四半期に観測したフィッシング攻撃の状況を取りまとめたもの。前四半期の14万4694件を大きく上回る24万520件を記録した。

前年同期の12万5006件から見ると、92%増にあたり、これまでの最高記録だった2014年第2四半期の14万7359件と比較しても63%上回る数字だという。

フィッシング攻撃を受けた回数の国別ランキングでは、「米国」が71%を占める状態で、カナダ(9%)、インド(8%)が続く。ここ1年1割から2割を占めて上位に食い込んでいた中国は1%以下へと縮小した。

フィッシングサイトのホスト国に関しても、米国が62%と半数以上を占めており、突出している。3%で続くオランダやイギリス、ドイツなどを大きく引き離した。

日本国内でホスティングされたフィッシングサイトは、81件。前年同期の148件を大きく下回っている。

(Security NEXT - 2016/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
「違法情報」の通報が約28.2%増 - 「犯罪実行者募集」は4000件超
フィッシング報告が前月比約35%減 - 悪用URLは約23%増
1年で不正サイトへのアクセス7億件をブロック - 前年から4割増
2023年の不正アクセス認知件数、前年比2.9倍に急増
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
「セキュリティ10大脅威2024」 - 個人の脅威は順位表示を廃止