Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年1Qにフィッシング攻撃が大幅増加、過去最悪に

2016年第1四半期に観測されたフィッシング攻撃は、前四半期から66%増と急拡大し、過去最悪を記録した。

20160616_rs_001.jpg
フィッシングの推移(グラフ:EMCジャパン)

RSAのAFCCが、2016年第1四半期に観測したフィッシング攻撃の状況を取りまとめたもの。前四半期の14万4694件を大きく上回る24万520件を記録した。

前年同期の12万5006件から見ると、92%増にあたり、これまでの最高記録だった2014年第2四半期の14万7359件と比較しても63%上回る数字だという。

フィッシング攻撃を受けた回数の国別ランキングでは、「米国」が71%を占める状態で、カナダ(9%)、インド(8%)が続く。ここ1年1割から2割を占めて上位に食い込んでいた中国は1%以下へと縮小した。

フィッシングサイトのホスト国に関しても、米国が62%と半数以上を占めており、突出している。3%で続くオランダやイギリス、ドイツなどを大きく引き離した。

日本国内でホスティングされたフィッシングサイトは、81件。前年同期の148件を大きく下回っている。

(Security NEXT - 2016/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず