Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SECCON 2016」がスタート、決勝はふたたび「2日間」に

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、国内最大のセキュリティコンテスト「SECCON 2016」を開催する。CTF関連イベントなどもあわせて展開し、セキュリティ人人材の育成を推進していく。

20160608_sc_001.jpg

同イベントは、情報システムに関連するセキュリティ技術や知識などを競う国内最大級のCTF(Capture The Flag)競技大会。2012年より開催しており、今回で5回目を迎えた。前回「SECCON 2015」には、65カ国3343人が参加しており、今回はそれを上回る4000人の参加を目標として掲げている。

7月17日の九州大会を皮切りに、学生を対象とした4回の地方予選と、国内外の一般参加者を対象としたオンライン予選を実施。決勝大会は、2017年1月28日、29日を予定している。

前回の「SECCON 2015」では、学生大会と国際大会を別々に開催し、決勝大会は、それぞれ1日づつで争われた。

2016年度は、予選が学生と国際大会でわかれるものの、決勝は同じ土俵で争うことになり、ふたたび競技時間も2日間へと延長された。技術力にくわえ、マネジメント能力や体力なども求められることになる。

(Security NEXT - 2016/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
セキュ経営GLの付録として体制構築や人材確保の手引き - 経産省
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
ウェブセキュリティ実務者向けに「徳丸実務試験」 - 2021年4月に開始
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も