Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、国内で制御システム向けセキュリティ対策サービスを開始

カスペルスキーは、重要インフラやプラントなど産業用制御システム向けセキュリティ対策サービス「Kaspersky Industrial CyberSecurity(KICS)」を提供開始した。

20160525_kl_001.jpg
Andrey Suvorov氏(画面左)とAndrey Doukhvalov氏(同右)

同ソリューションは、サイバー攻撃から産業用制御システムを保護するもので、ソフトウェアやサービス、アセスメント、演習、インテリジェンスなどを組み合わせて提供する。海外では2015年12月にリリースされている。

同ソリューションでは、制御システム向けに開発した監視用ソフトウェア「KICS for NETWORKS」を活用。ミラーポートより取得したパケットを監視。SCADAやPLCの通信プロトコルをサポートし、異常を検知して警告を行ったり、ログを保存することが可能。

またホワイトリストやブラックリストを利用したアクセス制御や、SIEMとの連携による脆弱性評価など、エンドポイント保護製品をもとに開発した「KICS for NODES」を提供する。

国内展開にあたり、記者会見に登壇した同社代表取締役社長の川合林太郎氏は、2月に行われたダボス会議において、物理的なテロ以上にサイバー攻撃が脅威として認知されていることや、Allianz Risk Barometerにおいても、脅威としての認識が年々高まっており、喫緊の課題となっていると指摘した。

(Security NEXT - 2016/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
「制御システムセキュカンファレンス2021」の参加受付がスタート
制御システムのリスク分析を解説 - IPAがオンラインセミナー
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減