Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業の2016年度IT投資、半数は前年と同程度 - 重点事項はセキュリティ対策

中堅中小企業において、2016年度のIT投資は前年とほぼ同水準とする企業が半数を占めている。重点項目は、セキュリティ関連だという。

IDC Japanが、従業員999人以下の国内中堅中小企業を対象に、2016年度におけるIT投資予算についての調査を実施したもの。2016年度の予算が前年度と「同じ」「変わらない」と答えた企業が約半数を占めており、約3分の1が「増加する」と回答した。

重点事項として「セキュリティ関連」の項目を挙げる企業が目立ち、項目別では「情報漏洩対策」を挙げる企業が最多。2016年度および2017年度では「ID、アクセス管理強化」または「脅威管理強化」の優先順位が高まったという。

(Security NEXT - 2016/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IBM、インフラ管理のHashiCorpを64億ドルで買収
国内企業、IT投資で「セキュリティ向上」に高い優先度 - 「AI能力向上」も
活かしきれないセキュリティツール、機能の重複も - Fastly調査
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
偽ECサイトの通報件数が増加 - マッチングアプリやSNSで異性から勧められたケースも
「スマートシティセキュリティガイドライン」1年待たず改定
2025年のセキュリティサービス市場は1兆円超に - IDC予測
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験