Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAジャパン、IoT機器のリスク評価を解説した資料

日本クラウドセキュリティアライアンス(CSAジャパン)は、「IoT(Internet of things)」のリスクやアクセス管理について解説した資料の提供を開始した。

「Internet of Things(IoT)インシデントの影響評価に関する考察」は、利用が拡大するIoTにおいて、インシデント発生時の影響評価の方法について説明した資料。事業者が、適切なセキュリティ対策を実装した機器やサービスを提供するにあたり、リスク評価を検討する際のファーストステップについて考察したという。

また「IoTにおけるID/アクセス管理 要点ガイダンス」の公開も開始した。同資料は、「Cloud Security Alliance(CSA)」が公開している「Identity and Access Management for the Internet of Things – Summary Guidance」を翻訳した。いずれも同団体のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2016/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会
「IoTセキュリティ・セーフティ・フレームワーク」を策定 - 経産省
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
総務省、「NOTICE」調査を拡大 - 試行パスワードを約600種類に
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん
Docker API狙うマルウェア「Kaiji」など見つかる