Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカードの画像をOCR認識、送信するライブラリ - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、企業のマイナンバー収集作業を効率化する「マイナンバーカード対応OCR認識ライブラリ」を提供開始した。

同製品は、マイナンバーの収集や入力の効率化を支援するソフトウェアライブラリ。人事や給与システムなどへ組み込むためのAPIを提供する。

同ライブラリでは、タブレット端末のカメラで撮影した「マイナンバーカード」や「通知カード」の画像からマイナンバーや氏名、住所、生年月日などのデータをOCRで認識。文字コードに変換し、業務システムへ送信できる。また認識したデータは、タブレット端末上に残存しないという。

価格は73万3320円。開発キットとランタイムライブラリ1ライセンスが含まれる。

(Security NEXT - 2016/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

労務管理サービスの個人情報流出 - 調査結果を公表
利用する労務管理クラウドで関連ファイルが流出 - イオングループ会社
ワクチン接種会場の医療従事者情報が流出、外部サービス経由で - 茨城県
高額療養費支給申請書を紛失、ゴミと取り違えられた可能性 - 川崎市
介護保険の高額合算療養費申請書約2500件を紛失 - 横浜市
児童相談所で児童の住民票が所在不明に - 福岡県
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
労務管理クラウドシステムでアクセス権の設定ミス - 個人情報が流出
ファイルを取り違え、町民の個人情報を誤って公開 - 綾町
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院