Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバーカードの画像をOCR認識、送信するライブラリ - 富士通BSC

富士通ビー・エス・シーは、企業のマイナンバー収集作業を効率化する「マイナンバーカード対応OCR認識ライブラリ」を提供開始した。

同製品は、マイナンバーの収集や入力の効率化を支援するソフトウェアライブラリ。人事や給与システムなどへ組み込むためのAPIを提供する。

同ライブラリでは、タブレット端末のカメラで撮影した「マイナンバーカード」や「通知カード」の画像からマイナンバーや氏名、住所、生年月日などのデータをOCRで認識。文字コードに変換し、業務システムへ送信できる。また認識したデータは、タブレット端末上に残存しないという。

価格は73万3320円。開発キットとランタイムライブラリ1ライセンスが含まれる。

(Security NEXT - 2016/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
マイナンバーカード紛失、誤廃棄か - 摂津市
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に