Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、大規模企業やデータセンター向けUTMを発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、大規模環境へ対応するUTM製品「15000シリーズ」「23000シリーズ」をリリースした。

同製品は、大規模企業やデータセンターに対応するセキュリティアプライアンス。ファイアウォールや侵入防御、マルウェア対策、アプリケーション制御、URLフィルタリングを搭載。また同社のサンドボックス「Check Point SandBlast」に対応するほか、SSL通信の検査機能を備えている。

「15000シリーズ」では「15400」「15600」をラインナップ。「23000シリーズ」として「23500」「23800」の2製品を用意した。15000シリーズは803万5200円から。23000シリーズは1871万6400円から。

(Security NEXT - 2016/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

給食委託先経由で侵入された可能性 - 大阪急性期・総合医療センター
楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
サーバに不正アクセス、基幹システムなどへも影響波及 - 木材資源リサイクル会社
サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス
FRONTEO米子会社、複数サーバがランサム被害 - メールシステム脆弱性を悪用か
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
勤怠システムがランサム被害、総当たり攻撃で侵入か - ヴィアックス
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に