Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、大規模企業やデータセンター向けUTMを発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、大規模環境へ対応するUTM製品「15000シリーズ」「23000シリーズ」をリリースした。

同製品は、大規模企業やデータセンターに対応するセキュリティアプライアンス。ファイアウォールや侵入防御、マルウェア対策、アプリケーション制御、URLフィルタリングを搭載。また同社のサンドボックス「Check Point SandBlast」に対応するほか、SSL通信の検査機能を備えている。

「15000シリーズ」では「15400」「15600」をラインナップ。「23000シリーズ」として「23500」「23800」の2製品を用意した。15000シリーズは803万5200円から。23000シリーズは1871万6400円から。

(Security NEXT - 2016/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
LINE、プライバシーポリシーを改定 - 移転先国名など記載
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
LINE、中国におけるコミュニケーション関連の開発運用を中止
海外拠点経由で不正アクセス、情報流出の可能性 - 川崎重工
運用監視サービスに不正アクセス、顧客情報流出は確認されず - 日立システムズ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン