Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、大規模企業やデータセンター向けUTMを発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、大規模環境へ対応するUTM製品「15000シリーズ」「23000シリーズ」をリリースした。

同製品は、大規模企業やデータセンターに対応するセキュリティアプライアンス。ファイアウォールや侵入防御、マルウェア対策、アプリケーション制御、URLフィルタリングを搭載。また同社のサンドボックス「Check Point SandBlast」に対応するほか、SSL通信の検査機能を備えている。

「15000シリーズ」では「15400」「15600」をラインナップ。「23000シリーズ」として「23500」「23800」の2製品を用意した。15000シリーズは803万5200円から。23000シリーズは1871万6400円から。

(Security NEXT - 2016/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム被害のスポーツクラブNAS、検証から情報流出なしと判断
スポーツクラブNASのサーバ2台がランサム被害 - 「暗号化された鍵」特定されて侵入
ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
LINE問題でZHD特別委員会が最終報告書 - 「ユーザー目線での横と縦のガバナンス」を
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施