Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェック・ポイント、大規模企業やデータセンター向けUTMを発売

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、大規模環境へ対応するUTM製品「15000シリーズ」「23000シリーズ」をリリースした。

同製品は、大規模企業やデータセンターに対応するセキュリティアプライアンス。ファイアウォールや侵入防御、マルウェア対策、アプリケーション制御、URLフィルタリングを搭載。また同社のサンドボックス「Check Point SandBlast」に対応するほか、SSL通信の検査機能を備えている。

「15000シリーズ」では「15400」「15600」をラインナップ。「23000シリーズ」として「23500」「23800」の2製品を用意した。15000シリーズは803万5200円から。23000シリーズは1871万6400円から。

(Security NEXT - 2016/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
中小企業セキュ対策助成金の申請予約を開始 - 東京都
インフラ構成管理ツール「SaltStack」に深刻な脆弱性 - 悪用コード公開、早急に対処を
「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
CiscoのDC向けインフラ管理製品に深刻な脆弱性
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも